■ 荒神の森古墳 ■


※クリックすると画像が拡大されます。


木々が生い茂っているが、前方後円墳らしい、くびれが見られる。


JR中曽根踏切横にある、6世紀中頃の全長68mの市内最大規模を誇る前方後円墳。線路と反対側に景行天皇13年に勧請、創立とされる荒(浮津島)神社がある。
祭神は経津主命(ふつぬしのかみ)、須佐之男命、武甕槌神、御都波能売神。
経津主神は元来は物部氏の祭神で、香取神社、春日大社、石上神宮にも祀られる。

古墳建設当時は、この辺りが海岸線だったとの記載がある。
Last update Aug.7.2017

※ご注意:このページの記載内容については、無断での転載等を禁じます。